デザインヒストリー - 大切なギフトだからこそデザインにもこだわりを – CRAFT X 公式ショップ

デザインヒストリー - 大切なギフトだからこそデザインにもこだわりを

CRAFT X

特別なギフトだからこそ、納得したものを送りたい──そんなご要望から生まれた、CRAFT Xのプレミアムギフト。
最高の贈り物となるよう、箱から中身まで「特別感」にこだわり抜きました。
そのこだわりについて、CRAFT Xのクリエイティブディレクションを担う栗山 修伍に語っていただきました。




──今回の特別仕様は、なんと言っても箱にありますよね。

栗山:そうですね。ギフトボックスの作り込みには徹底的にこだわりました。
ラグジュアリーなパール加工の上箱と、その中央で虹色に輝く箔押しのブランドロゴ。
自宅に届いた時、お客さまにワクワクしながら開封していただける、そんなギフトボックスを目指してデザインしました。


──プレゼントを受け取った方がこの箱を開けた時、どういう体験をしてもらいたいと考えられたのでしょうか?

栗山:はい、ギフトボックスへのこだわりについては既に触れましたが、やはり主役はビールです。
開封したときに、いきなりビール瓶が見えているだけでは芸がないと思い、新たな演出を考えました。柔らかな手触りの包み紙とシールで大切にビール瓶をとじてある。そして、そこをくぐれば遂に華やかなビールを目で楽しめることができる。ここにも、ギフトならではのブランド体験を盛り込んでいます。


──そして前回のインタビューでも伺った通り、新商品の瓶は浮世絵からアイコニックへモチーフを刷新されていますね。

栗山:はい。今回のギフトとしてのCRAFT Xでは、より華やかでモダンなテイストのデザインに敢えて振り切っています。缶のデザインには缶ならではのアイコニックさを。瓶のデザインでは全く新しい表現にもトライしてみたかったのが理由です。中央にキラキラと輝くCRAFT Xの”X”を大胆に配したデザインは、これまでのCRAFT Xファンだけでなく、より幅広い層に楽しんで頂きたいという想いが詰まっています。

 


──さらに、CRAFT Xのこだわりや美味しい飲み方について書かれているリーフレットもついてくるんですね。

栗山:特別なビールだからこそ、そのこだわりや背景にあるストーリー、美味しい飲み方の提案がある方が、消費者体験的にはとてもリッチになると思うので、同梱しているリーフレットも大切にしています。


──最後に、こちらのギフトセットを贈る方・受け取った方にメッセージをお願いします。

栗山:このギフトセットを受け取られた方には、『究極のビール体験』を味わって欲しいと思っています。ギフトを贈られた方の特別な想いをしっかりと表現できる装丁に仕上げていると自負しておりますので、是非ゆっくりと目で楽しみながら、その深い味わいに舌鼓を打っていただければ幸いです。


 

 



MOON-X 株式会社 Head of Creative 栗山修伍
京都芸術大学卒。イタリアSPD Milano修士。帰国後、楽天株式会社でブランドマネジメント室室長を務め、楽天のグローバルブランディングに従事。その後、フェイスブック ジャパンにてクリエイティブストラテジストとして、世界中の企業を対象にInstagramの広告クリエイティブディレクションに携わる。現在、MOON-Xにてクリエイティブの責任者を務めている。