新フレーバー&デザインのクリスタルIPA「No.002」が登場 – CRAFT X 公式ショップ

新フレーバー&デザインのクリスタルIPA「No.002」が登場

MOON-X株式会社(本社:東京都目黒区、代表:長谷川 晋、以下:MOON-X)は、1月に発売したクラフトビール「CRAFT X クリスタルIPA」の新ロット「No.002」を、本日2020年8月18日より、オンライン公式ショップ(https://www.craft-x-beer.com/)にて、発売いたします。今回は「クリスタルIPA」のアイコンである「富嶽三十六景」に遊び心を加えた新デザインで展開いたします。

「CRAFT X」は昨年末から今までで累計約36,000本以上、一日に約150本近く出荷されており(※1)、昨年11月に400ケース限定で販売した「No.000」と本年1月より発売している「No.001」の2つのロットがございます。MOON-Xが重要視しているテクノロジーを活用してブランドを消費者・生産者と一緒に育てていく』思いのもと、「No.001」では、「No.000」を飲んだ消費者の方々の「よりフルーティなものを飲みたい」というご意見を反映し、味を改良しております。

※1…昨年末のテスト販売から8月までの累計販売本数より算出

 

 本日発売の「No.002」では、評価いただいている香りやフルーティーさはそのままに、よりクリアで透明感のあるスッキリとした味わいを実現。「料理と合わせやすい甘みをおさえたもの」「食事の邪魔をしないパンチのあるIPAを」というリクエストを取り入れ、造り手である木内酒造と協働し、シンプルな和食から味や香りのはっきりとした洋食まで、いろいろな食事シーンでお楽しみいただけるような味に仕上がっています。また、デザインについても、「別のデザインをみてみたい」「富嶽三十六景を巡ってほしい」などの声を元に、遊び心とかっこよさにさらに磨きをかけた3つのデザインを新たに取り入れています。クリスタルIPAのアイコンである『波』は残したまま、”豪快に浮世絵で遊ぶ”をテーマに、葛飾北斎の赤富士・歌川国芳のガシャドクロ・色で遊んだバージョンをご用意したことで視覚でもお楽しみいただけます。

 

 MOON-Xは、「No.002」をお飲みいただきました消費者のみなさまからのダイレクトな声を今後もモノづくりへと反映し、「クリスタルIPA」を引き続き、進化させていきます。